ウォーキング

腸内環境とアンチエイジング

いつまでも若々しくありたいと願う女性の間で話題なのがアンチエイジングです。
アンチエイジングは加齢による老化の原因を抑えて、老化を遅らせたり予防することで若々しく健康な体作りにつながります。

老化の原因には体の酸化や糖分の摂り過ぎなどがあげられますが、実は便秘も老化を進ませる原因となります。
便秘をするとニキビができた、肌が荒れたという経験はありませんか?また便秘になると腸内環境が悪くなるため新陳代謝の低下や内臓機能の低下にもつながります。

腸の中に食べ物のカスが排出されずに溜まり続けると便秘になります。
腸の中に長い間便が溜まることで悪玉菌が増殖して便を腐敗させます。
それによって有害物質や有害なガスが発生し、大腸から血管へと浸透して血液に混ざり全身へと送られます。
また毛穴から外へ出ようとする有害物質はニキビや肌の黒ずみ、乾燥肌といった肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

便秘の原因には過剰なストレスや肉中心の偏った食事、水分不足や加齢による腸の働きの低下などがあります。
ストレス社会といわれる現代では、過剰なストレスによって自律神経が乱れることで腸の働きが悪くなり便秘の原因となります。
また野菜などの食物繊維の少ない食事や肉類の多い偏った食事は悪玉菌が多くなる原因となります。

便秘を解消するには増えすぎた悪玉菌を減らし、腸内環境を整え、便秘にならない腸を作ることが大切です。
悪玉菌を退治してくれる善玉菌を増やすにはヨーグルトや納豆、漬物といった発酵食品をとると効果的です。
最近では色々な種類の乳酸菌が含まれたヨーグルトが販売されていて、生きて腸まで届くガゼイ菌やピロリ菌を減らす働きのあるLG21などがあります。
またオリゴ糖は善玉菌のエサとなるため一緒に摂ると効果的です。

食物繊維も便秘解消には効果的です。
食物繊維というと野菜を摂ればいいと思われますが、食物繊維には水溶性と不溶性があります。
不溶性は野菜類に多く水溶性は海藻や寒天などに多く含まれて、両方をバランスよくとることが便秘解消につながるのです。

さらに適度な運動や水分補給は腸のぜん動運動を活発にして便秘解消に効果があります。
腸内環境を整えて便秘が解消されると、腸から栄養が吸収され体の隅々まで行きわたることで細胞が活性化されます。
新陳代謝も上がり、内臓機能の働きもよくなるためアンチエイジング効果が期待できるのです。
脳の働きを良くしたい方にはアラキドン酸サプリがおすすめです。
アラキドン酸には脳の老化を防止する作用http://arachidonic-acid.com/があるので、高齢の方には特に摂取してほしい成分です。